読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新月に明く藍色

日々。海と猫が好き。

紫陽花が咲く頃に



紫陽花が咲く頃に引っ越してきて、
できる範囲で着々と揃えていっています。



f:id:kanae1211:20150608002821j:plain

貰われなかったカップル用のやちむん。

改めて友情って、友達って。。
そして人って。。。
ショーシャンクの空にを見直して考えたけどやはりわからん。
思い返せば、何だったんだろうなと。
差別は言われのない対象にもなり得る。
私は過去にも幾度となくそんな局面になっても、相手関係なくその対処をするだけ。

必ず本人に返ってくるのは、何度も見ているかのように。

そして、それを見るのは日常かのようになっていること。


今の家に来ること、私が何人かの友達を失い、人の残酷さを見ることはデジャヴで見ていたはずなのに。
過去の私は
皆、かなえちゃんが帰ってくるのを待ってるよ。
の一言で、私は悲しい決断をしてしまった。


それを言った人達が今はいないこと。


ただ、希望は捨てないこと。
必死に生きる方を選ぶ方がいいんだろうなと、映画の最後に現れています。


私にも答えは帰ってくる時期は来るのでしょう。
兎と亀のように。



雨に濡れる紫陽花は切なくて、寂しいようですごく綺麗。

何度も泣いたから、涙は簡単にもう出なくなったことに気が付いた。


f:id:kanae1211:20150608004422j:plain

来年の紫陽花を見るときにはどうなっているだろう?

ひとつひとつ、自分の小さな傷を治していかなきゃ。

諦めていないことはそのままにして。