読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新月に明く藍色

日々。海と猫が好き。

さよなら、リボルバー






全くタイプの違う2作品ですが、言ってる理は両極端のようで、でも実は一緒のような気がして。


世の中、残酷なことや凶悪な事件が起こったとしても、例え何が起こったとしても、廻り続けるし、
良きも悪きも、巡り巡って、必ず答えは出るような気がして。


私はただ距離を置いた場所から見ているだけでいたい。
どんな答えだとしても。

誰しも何も考えずに、フラットでいられる場所があってもいいはずだ。


そんな事を考え始めて早10年近く。


ターセム監督は、構想30年の映画を作った。
それは落下の王国だ。



私の人生は、誰しもがそうであるかのように世の中の端の端の、ほんの少しの理を体現するかのような気がして。


デシャヴが見せた意味。

私は今の状況、言われた言葉は一度夢の中でも見ている。
いつ何時、誰かの結婚式も見ることは出来ないかもしれない。


多分、もう普通には泣くことはないだろう。
さよなら、私の20代の想い出。


正直、何かを言ったり思ったりするのも気だるくて面倒くさくなり、いつの間にか忘れてる時がある。
前まで感じたことのない何もない無の感情。


今はおやすみ。
そして、多分さよなら。


f:id:kanae1211:20150710025803j:plain