読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新月に明く藍色

日々。海と猫が好き。

モンスター、ストライキ。



過去に私も、自分が悪いのに、いかにもな正論を並べ立てて、余計に信用を失ったことがある。かなりきついお言葉の集中攻撃。


一度信用を失うと、人はその対象がどう語り、どんな行動で示しても全部嘘にしか見えず、むしろ自分を保護してるようにしか見えない。


自分が一度過去に人に思わせてしまったことを、今度は今の私が、自分とは違う人間に感じてしまっている。


愛だの、原発だの、あーたらこーたらは全部嘘っぱちかよ。それは自分を擁護してる道具にしてるようにしか見えず、本当は薄っぺらい人だったんだな位に見てしまっている。


でも、私も過去に人にそう思わせた1人。
一度、信用を失えば払拭するのは不可能に近い。


最近、人の偉業ですごいとか感じるのは自由だけど人それぞれで感じ方違うよね。時に胡散臭いし、本当にやれてるかすごく見てしまう。と、いう意見を聞き、私はハッとした。


誰もが悩み、自分と向き合っている。
時に自信を失いながら。
努力をしても報われないことはあるけど、努力をする。
清濁併せ呑むことを身にしみながら、日々を生きている。


私はフラットに素直に感じるようにしようと、ここ数年は心掛けている。
反社会的な気持ちは流し、素直に感じれば得るものは大きいことを実感するようになったからだ。


上手くいかないことは誰しもにあるように、私にもある。
でも、皆そこを我慢しながら、不満をなるべく言わずに日々を過ごしている。
何故ならそれは見苦しく人に見えることを知っているから。


それは身近な人にも見せたらもっと駄目だと思う。いつしかそれは、自分でも気付かないうちに、赤の他人からも見られていることだから。
ほんの拍子で、伝わってしまうことだ。



清濁併せ呑む。


皆が、当たり前のようにしてることを、
私も当たり前になろうと思う。


遊ぶ暇を割いて、影で努力してる人は沢山いる。
見栄だけの恥ずかしい人間にならぬよう、頑張ろう。


30代、曲がったことは許せない精神は残したまま、清濁併せ呑むで突き抜けます。