読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新月に明く藍色

日々。海と猫が好き。

言葉にならない感情

個人的な考えで、
少し、時間が経ってから想うこと。


言葉にならないとはこのことだろうか。


人が切羽詰まるとどんな心理になるかはわからない。
色んな感情が渦巻いてしまうような気がして、私にはただ、言葉にならない。


それほどに辛い体験だったのであろう。
抑えていたことが露呈に出ることもあるのだろう。


無償の愛、だが時にはそれをうざったく感じるのは切羽詰まっているからなのかもしれない。
だが、無償の愛を捧げる人は、そこに傷付くのかもしれない。SNSには残念なことにそこに触れている人もいた。
大分見当違いなところに、こんな時にそんなことを考えるなんて、という心理が働く人や強盗、性犯罪者もいたり。



私は嫌われ者ではあるだろうが、
そんな嫌われものな私にも一応、助かって欲しい、生きて欲しいと思う人達がいるわけで。
自分なりに出来ることでそこに向かっての行動はするが、
小さな力過ぎて、歯がゆくて、悔しくて。


ただ単にこんな時にこそ
シンプルに、
何を考えるか?なんじゃないのかなー?とは思う。
(余計なこと考える人は関係ない話で関与はないのだけども)


自分が勝手に生きてて欲しいんじゃないの?うぜーと思う人もいるんだろうが、
私は助かって、元の平穏な生活に戻って欲しいなという人に出来ることをするしかない。
尚且つ出来ることが非常に小さくて申し訳ない気持ちで一杯で、泣いて眠れない日々が続いたけども。
夜な夜な、数日は一晩中流れていた恐くて悲しいニュース。



だが、希望はあるんだなと。
大名の支援物資には沢山の人が支援を持ち寄り、
ボランティアをする人には故郷の出身者の人の顔もいた。
そこにすごく安堵した。人一人の力だけでは限界があることが、、一つの発信が集って数になると大きな力になるということに、泣きそうになった。
自身の身近な人達が無事なのも感謝でしかない。


助かって欲しい人達のなかには、自身が被災者なのに無償でボランティアをしている人もいる。
疲れていないか、心配だ。


ただ、言葉にするには表せないほどの沢山の感情が渦巻いている。

早く、もとの平穏が訪れますように。



f:id:kanae1211:20160421180025j:image