読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新月に明く藍色

日々。海と猫が好き。

蝶の夢を見る



銀色夏生さんの詩。
少しずつはまってきた。


 人生は、人が生きていくことは、身もふたもないことだ。身もふたもないってことをまず基本にしたうえで、私はいろんな夢を見る。



心が、ある時いきなり急にパッと晴れることがある。まわりの状況が変化したわけでもなく、ただその人の心の中で。春になって氷がとけてサラサラ水が流れるようにほどけていく。そんなふうに悩みが気にならなくなることが、人にはある。ある道すじをたどって、ちゃんとどこかへたどりついたから。





どうしようもないクズみたいなやつ、自分の周りにこの部類に入るやつがいた、なんてこともあったけど。



こころは少しずつ、解れて、さらさらと流れゆき、いつの間にか忘れていたということに。
その瞬間に気付いた時に、初めて時の流れに感謝した。


前を向いて歩いていれば、悪いことなんて何一つないんだと。

もうすぐ冬が来る。

今、季節の変わり目を感じることにささやかな嬉しさを感じるのです。


ありがとうと。