読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新月に明く藍色

日々。海と猫が好き。

明日のことはわからない



21の時に、お金がなくて、どうしようもない時に夜掛け持ちでバイトをした。
その時の占い師のお客さんに本気で鬼気迫った顔で言われたことがあった。


貴方はその人にとても酷いことをされる。今のうちから周りの人に注意しなさいと言われた。
男にも気を付けなさいだの、貴方は上がるか堕ちるかイチかバチかの人生になるとも。


現実になった今は、私はいつの間にか人に対して期待をしなくなったことに気付いた。
恐らく昔から知っている人でも。


私がこれからすることは多分、確かめたいんだと思う。
あの時、何の力も無くて逃げた場所が今の自分にどう写るか。ただ確かめたいだけ。
夢に出た場所が本当に私に何か関係あるのかとか。
そして、あの時、私を適当にした事実が今はどうなるのかとか。
何が起こって、今そうなったのかとか。


もし、21の時のあの占い師の言ったことが事実ならば、私は堕ちるか上がるかイチかバチかの人生になるといったことが本当になるならば。


どうせなんにも期待もしてないし、信じる人もいないんだから
私は、私を生きていくしかないと思った。
出来れば堕ちない方を選びたくないから。



そう。ただ確かめたいだけ。